うどんの仮想通貨・暗号通貨ひろば

暗号通貨・仮想通貨について色々なことを書いていきます。

Binded ーTwitter,Facebook,Instagramでできる簡単な著作権の証明もどきシステムー

f:id:udoncryptocurrency:20170601180040p:plain

 

こんにちは、うどんです。最近全然ブログを更新していませんでした・・・。

 

ずっと前ですが、Bindedというサービスが、ツイッターで「」とつけるだけで、画像の著作権の証明書もどきができるというサービスを開始しました。(要サインアップ)法廷証拠としては、「前例がない」のですが、スクショとかよりマシだと思います。なお、このシステムは、画像のハッシュ値などをBitcoinの取引履歴に直接書き込むシステムです。そして、何百認証もされれば、「覆すのはほぼ不可能になる」のです。

決済ファイナリティとVitalikのブログ | ビットコイン&ブロックチェーン研究所

ただ、 Bindedと改名したあたり?から、本当に書き込んでるのかわからん感じなので、念のために問い合わせました。

 

ここ最近は資金調達とかもされたようですね。

jp.techcrunch.com

やり方

1,ここにアクセスし、サインアップ

Binded

Twitter認証をここでします。

これで提携は完了です。早っ!もちろん無料です。

あとはつぶやきたい画像に「」のハッシュタグをつければ・・・?

 

 こんな感じで、ちゃんと公証されたよ!と返信が来ます。リンクをクリックすると、こんな感じです。

f:id:udoncryptocurrency:20170601181231p:plain

 はい、これで完了です!なんか証明書とかもダウンロードできちゃったりします。View Certificate Documentをクリックすれば印刷したりすることもできます。

念のために、Bitcoinのブロックチェーンに刻まれているか見てみましょう。と思ったらなんか新サービスになったら見れない〜!とりま問い合わせてみました。

公式ホームページには、Bitcoin Blockchain上に書き込んでるよ〜!って書いてあるんですけどね。

For every image put in your vault, we create a fingerprint and write a permanent record to the bitcoin blockchain.

雑訳:みんながアップロードした画像は指紋みたいな感じでビットコインブロックチェーン上に書き込むよ〜。

 

 

このサービス、絵師さんや、写真家などにおすすめ!(私じゃないですよ) 

 

またTwitter以外にも、Facebook,Instagramにも対応してます!Twitterと同じく#bindedというハッシュタグをつければO.K.です。

 

それではまた!