うどんの仮想通貨・暗号通貨ひろば

暗号通貨・仮想通貨について色々なことを書いていきます。

バンドルカード -Bitcoinデビットカード-

https://pbs.twimg.com/media/CscZK_3UkAE4x0X.jpg

こんにちは、うどんです。今回は、日本で気軽にできるBitcoinデビットカードを紹介したいと思います。

 

(本当は、「10月3日に対応しました!」というアナウンスがあったのですが、急遽受付を取りやめて、11月2日に再開したという経緯がありますw理由は「各所との調整」とあります。すごい憶測を呼ぶ文ですねw)

 

Bitcoinデビットカードとは

Bitcoinなどの暗号通貨でチャージでき、デビットカードのように使えるカードのことです。有名どころだと、wirexなどがありますね。

ただ、海外の会社ですので、そもそも日本で使えなかったり、リアルカードを手にするにしても、海外から発送だったりします。

P.S.

www.nikkei.com

 だそうです。

 

バンドルカードとは

今回チャージにBitcoin受付するデビットカードが現れました。そのほかにも、コンビニ決済、クレジットカード、ドコモのケータイ払いでチャージできます。

管理するアプリはiOSAndroidの二つにあります。

 

アルカードを手にするまで

まずこのアプリをダウンロードします。

iOS

 Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.kanmu.vandle.android&hl=ja

 

画面の案内に従って、アカウント作成します。

f:id:udoncryptocurrency:20161115165745j:plain

ちなみに、こちらのコードを招待コードの欄に入れていただくと、200円がチャージされます!

yn6zvd

 

 

バーチャルカードはこれで作成できました。リアルカードを頼むのもアプリに案内がありますので、従って住所などを入れると、数日後に自宅に届きます。発行には300円かかりますので、最初に1000円ほどチャージしておきましょう。

 

みた感じ、磁気タイプのプラスチックカードですね。(このご時世、高くてもいいのでICチップにしてほしい・・・。)

 

ビットコインチャージの仕方

Coincheck決済を使って、チャージするようです。こんな感じですね。

https://coincheck.com/wp-content/uploads/2016/09/スクリーンショット-2016-09-29-13.49.01.png

 Coincheckのサイトより。

ただし、上限があります。

一回のチャージ金額:30000円まで

月間チャージ金額:120000円まで

累計チャージ金額:1000000円まで

まあ、そんなに頻繁に使わないので私には関係ないですが・・・。

感想

日本人が気軽にBitcoinを使って、カード決済をできるようになったのは大きいと思います。重宝したいと思います。コンビニとかで何事もなく決済できました。

 

それではまた!

Twitter & Facebookアカウント @vandlecard